便座交換

便座交換をしました。

ウォシュレットなどの洗浄便座交換方法は
簡単なので自分でできます。

現在すでに設置されているなら
必要な物もそろっているはずです。

費用の節約のためにも
挑戦してみませんか?


まずは水を止めましょう。
トイレの中に栓があると楽です。


ない場合は家の外の
水道メーターの所にあります。


ここでタンクと便座に分岐しています。
便座へのホースを外します。



ついでなので
タンクへのホースも外しましょう。


分岐部分が使えれば良いのですが
ほとんどの場合共用できません。

今回の場合ですが見た目だと
長さ以外はほぼ同じです。



でも、穴の径が違いました。


この大きさが違うから
ホースの太さも違うんです。

交換するのが同じメーカーの便座なら
使える場合もあります。


次に古い便座を外します。

汚くてスイマセン(^^;


こんな具合にワンタッチで
便座を外せる機種が多いです。

説明書を見れば記載があるはずですが
便座の横にボタンがある場合が多いです。


その後に取り付け部品自体も外します。
ちゃんと掃除しました(笑)



今度は取り付けです。
まずは分岐部分を交換しました。


広い方が作業をしやすいので
最初に交換する方が楽だと思います。


便座の取り付けアダプタを
便器に取り付けます。


便座の穴に上からプラのボルトを通して
下から締めています。


両方締めました。


この取り付け位置で
便座の位置も決まります。

前後の調整ができますから
便座の位置が合わない場合は
ここを調整して下さい。


位置を合わせて押し込むだけで
便座の取り付けは完了です。


ホースを分岐につなぎましょう。


あとは電源とアースをつなぎます。



水道の栓を開けたら
便座交換終了です。


お疲れ様でした。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。