スピードメーター 原付

アディバをヤフオクで見ていると
ほとんどの場合スピードメーターが
動かないと書いてあります。

自分のアディバも動きません。

と言っても、メーター自体が
壊れているわけではないようです。

ガソリンの残量や
その他各種警告灯などは作動します。

自分の場合は、スピードメーターケーブルが
前輪の取り付け部分から外れていました。

差し込めば直るかも?
と思いましたがダメでした。

と言うのも、ワイヤーケーブルではないんです。

電気信号を送るタイプのようで
そこの部分が壊れるようです。


原付のスピードメーター修理の定番は
サイクルメーターの利用です。

現在こんな風になっています。



止まってしばらくすると
時計だけの表示になってしまいますが
動いている時はきちんと表示されます。
 ↓  ↓

キャットアイ(CAT EYE) ベロ9 [CC-VL820] VELO9 有線式 ブラック


仕組みとしては
センサー部分を磁石が通過する速度で
車両の速さを計算しています。

そのため前輪、または後輪に
センサーと磁石を付ける必要があります。

アディバならここで付けられます。



フロントフォークに
結束バンドで止めているのがセンサーです。

ブレーキディスクの取り付けボルトを利用して
取り付けているのが磁石です。

ビニールテープを巻いているので
見えませんが
真ん中の黒い部分の中に
磁石が入っています。

穴にネジで留めていますが
更にビニールテープを巻いています。

磁石の力、ネジ止め、ビニールテープで
まず落ちる事はないでしょう。


自転車用ですが
時速199kmまで計れます。
どんな超人を想定しているのでしょう(笑)

原付以外でも、普通のバイクや車でも
スピードメーター修理の代わりに使えますね。

純正品と交換する事を考えたら
ものすごく安いですよ。


この商品、無線タイプもありますが
電池の要らない有線式にしました。
メーター自体には電池が必要ですけど。

この位置に取り付ける場合なら
ギリギリ線の長さも足りました。

届かない場合は、延長キットも出ています。
無線でも良いですしね。


アディバに限らず
バイクのスピードメーターが壊れた人で
安く直したい人にはおすすめです。

キャットアイ(CAT EYE) ベロ9 [CC-VL820] VELO9 有線式 ブラック


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。