レッカー業者

佐戸レッカーの対応が酷いと
拡散されています。

自損事故で呼んだレッカー車が
荷台からバイクを落としたそうです。

その結果全損廃車扱い。

佐戸レッカーは保険金以上の対応はしないとの事で
ブログ主は怒っています。

新車で納車3ヶ月だそうです。


被害者側からの意見だけですから
正確な事は分からないとして。

画像を見ると自損事故の段階では
転倒側の傷だけで済んでいた感じです。

それが荷台から転落後は
明らかに歪みが増えています(^^;


レッカー作業中に落とした事が事実であれば
完全に業者の落ち度ですから
被害者が怒るのも当然ですね。


こういう事例を見ると
やはり大きな会社が安心なのかと思ってしまいます。

アディバでは何度もJAFのお世話になりましたが
それはしっかり作業してくれました。



そもそもJAFのレッカー車は
画像のように荷台が低い位置まで降ります。

車のレッカー移動を前提に作られているからなのでしょうが
バイクでもラダーレールで上げるような仕組みではありません。

もちろん押してあげる時に、倒す可能性はありますが。

それでも荷台から落とすというような事態に比べれば
ダメージは少ないでしょう。


佐戸レッカーと同じような状況になった時の
JAFの対応は分かりません。

でも、JAF使った経験上
その状況になる可能性が低い事は分かります。

任意保険に付属のロードサービスも良いですが
やはり本業の方が安心して任せられそうです。
    ↓    ↓    ↓    ↓

JAF会員なら安心&充実のロードサービスが日本全国24時間、365日無料!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。