ウェイトローラー 交換時期

ウェイトローラーの交換時期は
知識がないので分かっていません。

点検するための工具も持っていないので
ドライブベルトと一緒に交換を依頼しました。

前回切れた時も一緒に交換しているので
寿命を探る意味もあります。

アディバは車重がありますから
一般的なスクーターとは違うでしょうし。

まずは画像から。

このサイトの画像は
クリックすれば拡大します。



左が購入時に使っていた物で
走行距離不明です。

右が前回交換して
ほぼ二万キロ使った物です。


最初に付いていたウェイトローラーは
摩耗しすぎですね(^^;



右の二つは論外ですが
他の四つも丸ではなくなっています。

最初から丸ではないのかもしれませんが。

でも実物を見ると
丸からあそこまで摩耗したように見えます。


二万キロ使った方はどうかというと



極端な摩耗はありません。

と言いたいところですが
最初から付いていた方を見ているので
そう感じるだけかもしれませんね。

向きを変えてみると
摩耗具合が分かるでしょうか?



多少減っています。

これくらい減っていても
毎日乗っていると気づかないものです。

加速も鈍くなっているのでしょうけど
元々重いスクーターですしね。


二つを比較して分かった事ですが
自分のアディバはかなりの走行距離なのかもしれません。

購入時よりメーターは
1万8千キロ台で止まっています。

購入してから6千キロくらいで
1回目のドライブベルト切れが発生しました。

今まではそれが初めての交換で
2万5千キロくらいで切れたのかな?
と勝手に考えていました。


でも、そこから2万キロ乗ってベルト切れ。

ウェイトローラーも交換したら
摩耗具合が全然違います。

あと2~3万キロは乗らないと
あそこまで摩耗しないでしょう。

中央部まで削れている事を考えると
もっとかもしれません。

部品取りの二号機ががあるとは言え
あちこちガタが目立つようになってきました。

いつまで乗れるかな?と考えてしまいます。
 

国産で屋根付き二輪が
復活すればよいのですけど。

キャビーナも2ストで
アディバより古いですし。

PCXなどの現行スクーターに
社外の屋根キットもありますが
やはりメーカー純正で欲しいです。

外見さえ気にしなければ
原二屋根付きスクーターは
日常の足として便利なんですけどね。


お探しの物はありませんか?

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。