エンジンオイル交換

エンジンオイルの交換をしました。

・・・以前記事にしたと思ったら
まだしていませんでした。

以前写真まで撮った記憶があるのですが(^^;
見つからなかったので今回改めて。


作業自体これと言って難しい事はないです。

古いオイルを抜いて
新しいオイルを入れるだけですから。


ただ、アディバ特有の問題点があります。

センタースタンドを立ててオイルを抜くと
スタンドを伝って垂れてしまいます。

一度でもやった事がある人は
経験していると思います。

初めてやった時は
床をオイルまみれにしました(T_T)

その後ウエスでオイルの道をつくったり
色々試しましたが
結局はこの方法にたどり着きました。

センタースタンドを
使わなければ良いのです(笑)




元々大型バイク用に買ったので
少し緩いですが自立はします。



念のためサイドスタンドも出しておけば
倒れる事はないでしょう。

アディバだけだと
買うのもためらうと思います。

でも、他にもセンタースタンドがない
バイクを持っているなら
あると使い回せますよ。

ホイールクランプ


センタースタンドを使わなければ
この通り問題なくオイルが抜けます。




手締めをしたはずなのに
手で緩まないのはお約束(^^;

フィルターの突起は便利です。




エンジンオイル排出口の中にも
フィルターがあります。




このフィルターは目も荒く
あまり役目がなさそうなので
洗浄して再利用しています。




今回はオイルフィルターも交換するし
購入後だけでも2万キロ近く乗っているので
添加剤を使ってみます。




効果があればレビューしますが
過剰な期待はしていません(笑)

フィルターに限らずですが
アディバの部品は
宇賀神商会で買っています。

宇賀神商会


フィルターを外したついでに
出来る範囲で綺麗に掃除。



こう言う事が出来るのが
自分でやるメリットですね。

バイク屋ではしてくれないでしょうから。




フィルターとドレンボルトを取り付けたら
こちら側の作業は終わり。

反対側にまわってオイルを入れます。


キャップにオイルゲージが付いています。



ここに来る人なら見ているであろう
某掲示板情報によると
締めこんだ状態でレベルを見るそうです。


一度エンジンをかけて、落ち着いたら再度確認。

フィルターを替えると中のオイルが抜けるせいか
レベルが下がります。

足りなければ少し足して終了です。

お疲れ様でした。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。