原付 ドライブベルト 交換方法

原付のドライブベルトの交換方法を
勉強することにしました。

過去に二回切れていて
JAFのお世話になりましたから。

会員なのでレッカー移動自体は
無料ですけどね(笑)

交換してから切れるまでの期間が
ほぼ二万キロでした。

余裕を見て1万5千キロまでには
交換したいところです。

通勤に使っていると
二年くらいで乗る距離です。

その都度バイク屋に頼むのも
工賃がバカになりません。

と言うわけで二号機を
バラしてみることにしました。

余裕のある今のうちに
とりあえず勉強です。


プラのカバーを外したら
リアアクスルのボルトがありました。


緩めようと回してみると
リアタイヤも回ってしまい
緩みませんでした。

試しにリアブレーキを握ってみましたが
回す力に負けていました。

どうしたものかと覗いてみると・・・



中に穴が見えます。

これを回らないようにできれば
緩められそうです。


穴の幅を測ってホームセンターへ。
Uボルトを買いに行きました。

微妙な幅の商品が二つ。


二度手間になるのも嫌だし
高い物でもないので両方購入。

こちらが回り止めに
ピッタリなサイズでした。



一応画像をどうぞ。





これでボルトを緩めることができました。
やっとカバーが外せます。



ドライブベルトを交換するには
フロント側のプーリーを
外さないとダメそうです。

こちらもボルトを回したら
一緒に回ってしまいます。

ここは専用工具があるんです。
持っていないので購入します。

そのために寸法測定。





この寸法をもとにこれを注文しました。

ユニバーサルホルダー


とりあえずここまで。
続きは工具が来てからです。

続きの記事を書きました。
続きはこちらの記事

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。