ブレーキパッド 限界

プレーキパッドの限界に気づかず
使い続けていました(^^;

ここまで使うアホもいないでしょうから
恥をさらしておきます。




これだけだと分かりづらいですね。

ノギスで計った画像なども含めて
順番に晒していきます。


キャリパーもかなり汚れていました。



金属片で汚れていますね。

この状態で見れば一目瞭然なのですが
リアタイヤが付いていると
見えないんですよね。


比較用の部品取り車のパーツです。




部品取り車はメーターが正確ならば
5千キロも乗っていませんでした。

これからパッドを取りだしたので
比較してみます。




横から見ると酷い状況が分かります。




パッドどころか
金属部分もほぼ無いです(^^;




厚さは1ミリ以下まで減っていました。




部品取り車のほうは
7ミリ以上ありました。




パッド以外も含めてですが。


当然ディスクも摩耗しています。




部品取りのほうはこれくらい。




使用限界は知りませんが
1ミリ以上減っています。

現在乗っているほうは
分かっているだけでも
4万キロ以上乗っています。

買った時点でメーターが壊れてたいので
正確な数値は分かりませんが。

通常使用でも減るでしょうが
金属同士がこすれて
減った分も多いでしょうね(^^;


点検していれば
もっと早く気づいたのでしょう。

リアタイヤを外すのがめんどうで
点検していませんでした。


金属同士がこすれる音で
気づくとも言います。

でも、ブレーキかけても
大きな音はしませんでした。

ブレーキレバーを握った感触が
おかしくなってきて気づきました。

反動が来るようになったんです。

ピストンが汚れて
動きが悪くなったかな?
なんて思ったのですが。

それ以前の問題でした(^^;


やはり日常点検は重要ですね。

反省です。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。